マンション選びのポイント

マンションを選ぶときのポイントはいくつかありますが、知っておくと購入するときに役立つのではないでしょうか。
まず新築マンションと中古マンションの価格が大きく差がある時期は、新築を買っても、その後中古になったときに価格の下落率が高くなる可能性があります。
そのためそんなときには新築の購入は逆に損することがあります。

次にマンションの立地の良さが重要となります。
マンションの場合、場所が命ということになるのです。
もちろん場所といってもいろいろあります。
例えば都心の良い場所であることや、都心に出やすい駅近であること。
他にも町がおしゃれであること、高級感のあるところなども立地の良さとなります。
東京ならやはり青山、赤坂、麻布などは物件も少なく、とても高額なマンションとなりますが、今後中古になっても底堅いと言えます。

このようにどんな時代でも土地柄として底堅い場所を選ぶのがおすすめです。
とはいってもそのようなところは価格も高額なので、それであれば都心への交通の便の良い駅近を探すようにしましょう。
マンションの場合は、できれば徒歩で最寄の駅まで8分以内がおすすめです。
これ以上、バスなどを使うという立地は今後のマンション価格の下落率が高くなります。

あとは信頼できる施工・販売会社による販売であることも大切です。
最近起こったマンションの傾き問題などに見られるように、やはり何かあったときに責任逃れのない、責任のある会社での施工・販売会社のマンションであるかも重要ではないでしょうか。